簡単で手軽、タオル回しでバストアップ

バストアップには姿勢も大きく関係します。猫背で歩いていると胸も必然的に下を向き、どんどんバストダウンにつながります。

 

特にパソコンなどをいじる機会も多い今では猫背になり、姿勢が悪い人も多いですが、胸を張って、バストを天井に向ける気持ちで歩くことは大事なことです。

 

また、肩甲骨の辺りの筋肉をほぐすこと、も姿勢を正しくすることに役立ちます。下向き猫背で過ごしていると、肩甲骨付近の筋肉が固くなり、胸を張るのが大変になります。

 

肩甲骨の周りの筋肉のほぐし方、はとても簡単。

 

フェースタオルの量端を持ち、肘を伸ばした状態で前から後ろに回していきます。
子供はまだ肩関節も柔らかく、筋肉も柔軟なので難なくこなせますが、長らく腕を回していない、運動していない、姿勢が悪い状態で歩いている、大人が突然すると痛めることもあるので注意は必要です。

 

タオルの量端を持ち、体の前で下に腕を下ろした状態から少しずつ上げていき、まずは頭の上で万歳の形。この時点でも当然肘は緩めません。

 

大変なのはそこからですが、その肘を伸ばしたまま、体の後ろに腕を回していきます。頭の後ろ、約30-40度くらいの角度になったあたりが一番きつく、痛みも伴いますので、もしもあまりに痛みがあったりできないと思った際には今塚手いるタオルよりも長めのタオルで。変な痛みのない範囲で肘をできるだけ曲げずに回し、腰の後ろまで手を下ろしていきます。

 

それを一日10回繰り返すことで固くなってしまっていた肩甲骨の辺りに筋肉がほぐれ、姿勢の改善につながり、大胸筋もほぐれるためにバストアップにつながっていきます。

 

バストアップ参考記事